メヤニを抑制する離型剤はさまざまなタイプから選ぶことができます

SITEMAP

ハンドル

ものづくりの現場で重宝されているメヤニを抑制する離型剤

スーツの男性

フッ素コーティングの離型剤は、高性能のためモノづくりの現場では重要な役割を果たしています。製造業では、プラスチックやゴムなどの素材を容器である金型に流し込んで、型取りをするときに離型剤を使用します。離型剤を用いることで摩擦を低減させるため、固まってから取り出す工程の際に、型通りの形で取り出すことができるようになります。プラスチックやゴムは金型に残りやすいため、離型剤を使用しないと形が崩れてしまったり、型が汚れて取り出せなくなることもあります。離型剤は金型からスムーズに外したり、きれいな製品を作って販売するためには欠かせないものとなっています。成形不良の原因となるメヤニ発生を抑制することもできます。メヤニの発生を抑制することで連続生産性の向上も上がっていきます。
モノづくりの現場では、継続して使うためにはコストや離型剤の塗布にかかる手間や時間が気になります。離型剤の効果は長持ちします。一度使用すると繰り返し効果が持続するため、成形のたびに塗布する必要はありません。メヤニの発生を抑制し、製品の成型で不良品が出る頻度をかなり減らすことが可能です。生産効率が大幅に改善することができます。塗布しやすいのでモノづくりの現場では扱いやすく、重宝されています。

フッ素系の離型剤によりメヤニを抑制し型成形の製造効率が改善する

型を使って製造された製品を型からきれいにはずすために使用される薬剤が離型剤です。
型製造では用意された方に原材料を流しこみ圧力や熱を加えて成形を行います。整形後は型から整形された製品を取り外す必要がありますが、原材料を型似あわせて整形するという作業は強い圧着を伴うため、はずすときに型と製品の一部が接着するなど破損してしまう可能性があります。
そのような破損を抑制するために用いられるのが離型剤です。剥離剤は成分によりさまざまな種類がありますが、広く用いられているのがフッ素系の離型剤です。完成した製品にフッ素コーティングを施すことで型と製品との癒着を防ぎ、破損することなくきれいに取り外します。エアゾールでフッ素樹脂を吹き付けコーティングする方式なら常温乾燥で使用できるので熱によって製品が変質することなく取りはずせます。
フッ素コーティングの離型剤にはメヤニ抑制の効果もあります。メヤニとは押出成形をするときに口金から漏れた余分な材料でできたバリのことです。メヤニ抑制効果により品質が向上すると同時に長時間の連続成形も可能になります。離型剤の効果としてスムーズに押出成形されるようになるとメヤニによる口金つまりなどのマシントラブルも少なくなり、メンテンナンスや修理コストの削減効果も期待できます。

離型剤はメヤニを抑制し製品を金型から取り外しやすくする

離型剤(りけいざい)とは何でしょうか?
ゴムやプラスチックなどでできた工業製品を製造する際には、金型に材料を流し込んでそれを取り外すことで、短期間での大量生産が可能となります。しかしながら、材料をそのまま流し込むだけでは、十分な形成ができなかったり、最後にうまく取り外せなかったりしてしまいます。そこで、金型の表面に離型剤を塗布することで、メヤニの発生を抑制し、十分な形成とスムーズな取り外しが可能となるのです。

離型剤にはいくつかの種類があり、主にオイル・シリコン系、ワックス系、界面活性剤、フッ素系に分類されます。そしてそれぞれに、特徴や材料との相性があります。例えばオイル・ワックス系には、液状で塗布が簡単、安価、持続性がないので何度も塗布する必要がある、成形物への転移が多く洗浄が必要となりやすい、といった特徴があります。また、ワックス型は発泡ウレタンなど一部の相性の良い材料に、界面活性剤はもともと離型しやすい材料や低価格製品の製造の一部に使われます。
フッ素系は、フッ素のくっつきにくい性質のため、離型性に優れ、型と成形物の両方にフッ素コーティングを施す効果があり、成形物への転移が少なく、金型汚れも少なく洗浄の手間も少ないため、最も優れているといわれています。また、通常は押出成形ではメヤニが抑制されにくいのですが、フッ素系離型剤を口金部分に塗布することで、メヤニを抑制し、長時間の連続成形が可能となります。

press release

recent news